<< リスボンより愛を込めて。2/9・10・11 | main | リスボンより愛を込めて。2/17・18 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
リスボンより愛を込めて2/12/13・14・15
木 くもり。

現在、制作中の南蛮屏風ネタ採取のため夕食前に街に写真を撮りに行く。

栗の屋台を撮りたかったのだが、探してみると、いたる所に屋台がある事に気付く。
普段は何も気にしていなかったが、こんなに同じような屋台があったとは。。。


などと思いながら写真を撮っていると、こんな怖い顔で見られていたとは。。。




2/13

金 晴れ、雨。

先日、日記に書いた店内の写真撮影が本日おこなわれました。
店内が賑わって、活気のある感じの写真にしたかったので週末の夜を選んだわけなのだが
今日は本当に忙しくて、活気があるというよりガチャガチャしすぎており
さぞかし写真も撮りにくかったのではと、カメラマンさんにもお客さんにも申し訳ない。。。

とはいえ出来上がりが楽しみである。
来週には送ってくれるらしいので、それまでしばしの我慢。



2/14

土 晴れ、雨。

こちらの飲食業界ではバレンタインの日が一番予約が多いという話は以前、噂に聞いていたが
実際に体験するのはもちろん初めてで、開業して初のバレンタインデーを迎える。

やはり、噂通り予約の電話が鳴り止まない。。。
しかし、席数もかぎられているので座席は予約ですぐ埋まり、後は断り続ける。

しかし、営業が始まると何組かにドタキャンされる。

今回のドタキャンがそうとはかぎらないが、
なにやらウソの予約をして当日、店に現れないという荒手のイタズラがあるらしい。

飲食店をしていなければどうでも良い話であるが、こちらとしてはたまったもんじゃない。

せっかくバレンタインにうちのレストランを選んでくれたのに、それを断ったお客さんに本当申し訳ない。

飲食店をやっているとそういうトラブルはつきものかもしれないが、もう少し経験を積んで良い策を練らねばならないと、妻と今後の作戦を考えるバレンタインデーとなった。


2/15

日 くもり、晴れ。

人の多い日曜日のショッピングセンターほど行きたくないものは無いが、
今日しか行く日が無いのでしかたなく出向く。

案の定、ショッピングセンターに向かう道からすでに混雑している。

『この渋滞は異常じゃないかぁ?この車全部がショッピングセンターに行ったとしたら
俺ら入られへんで。。。』

などと車の中で妻にブツブツ愚痴をこぼす。

ようやくショッピングセンター近くに来ると渋滞の理由がわかった。
どうやら、サッカーの試合があるらしい。

そのショッピングセンターの隣りにはベンフィカというポルトガルで一番人気のチームのスタジアムがあり、今日はそこで試合をおこなうというのだ。。。

悪夢だぁ。



2/16

晴れ

洗い場で働いてくれている、メタル少女ことローザが先月から朝から夜までフルタイムで働いてくれる事となった。
彼女は仕事ができて、勤務態度も非常に真面目なのでこちらとしてもありがたい話である。

が、しかし、朝が起きれないから辛いとの理由でやはり夜だけの勤務に戻したいとのことだ。。。

しかたが無いので、求人サイトにランチタイムの洗い場の募集広告を掲載すると
異常な数の応募メールが届く。

おそらく300通は来たとおもうが、料理人の求人にはほとんど応募はこないが洗い場がどうしてこんなに人気なのか不思議だ

とにかく、その300通のメールの確認をする。

こちらが来てほしい人の条件は、まず、まともな履歴書を送ってくる人である。
日本でならあたり前のことであるが、こちらではこの時点で半数が脱落する。

中にはメールに履歴書の添付は無く、一言『興味はある。』とだけ書いて送ってくる人や
何も書かずにとりあえず送ってくる者もいる。
想像を超えて何も言えない。

そして、さらに洗い場の経験があって、コロコロ仕事を辞めていないタイプを選ぶと

300人が10人くらいに絞られる
そこまでが私の役目で、その10人のメール、履歴書を妻が確認して5人ほどになり
その5人に面接の知らせを送る。
そこでちゃんと面接に来るのが2、3人でその中にこの人に働いてもらいたいと思える人が来るかは難しいところであるが、ともあれ明日面接がおこなわれる。

そういえば、以前、面接を予定した時、応募者が約束の時間に現れなかった。
まぁ、良くある事なので特に気にしていなかったが、後から電話があって
『今日は雨が降ってたから、別の日に面接してもらえないか?』
との内容であった。
よく、電話してくる勇気があったなぁっと逆に関心する。

今回は良い人が来てくれたら良いのだが。。。
















| リスボンより愛をこめて | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメント する









この記事のトラ ックバックURL
http://pipeshaft.jugem.jp/trackback/750
トラックバック