<< リスボンより愛を込めて。2/19・20・21・22 | main | リスボンより愛を込めて。2/25・26・27・28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
リスボンより愛を込めて。2/23・24
 月 くもり。

数ヶ月前に撮った写真。


家のすぐ近くの建物。
特に理由も無く、このリスボンらしい建物が好きなので撮っただけなのだが
最近同じような写真を撮った。


構図やトリミング、天候は少し異なるが、大きく変わった事がひとつある。

路面部分のテナントに借り手がついたようだ。
しかも、ネパール、バングラディッシュ、パキスタン系の人が営むミニ・スーパー。

この手のお店は石ころを蹴ったら当たるくらい、リスボンのいたる所にあるタイプの店で
家の近所にも、店の近所にも、いくつもあり
祝日でも、夜中でも、いつも開いているので私もよく利用しているのだが、
しかし、ちょっと店舗が多すぎる。。。

商品の内容はひどいもんで、大手スーパーの商品を買ってそのまま陳列しているだけで
大手スーパーのロゴもそのままついた状態、値段もかなり上乗せして売られている。

これっていいの??と疑問に思うが、そんな私も便利なのでついつい利用してしまう。

大手スーパーの商品を高値で売っているのが悪いとはまったく思わないが、
この勢力に押されてなのか、リスボンの古き良き店がどんどん無くなっていくのが寂しいのである。

私も、日本食店をやっているので同じようなものだが、同じ移民としてなんだか憤りを覚える。


2/24 
火 くもり

今日はリスボンの地下鉄がストライキでほとんど動いていないらしい。
この2年ほど地下鉄には乗っていないので私には関係がないと思っていたが、そうでもなかった。

このストライキのせいで道路が渋滞して、店で注文した魚や野菜が届かないわ、スタッフが遅刻するわとけっこう振り回されてしまった。

しかし、欧米社会でストライキは普通の事なのかもしれないが、地下鉄にかぎらず毎月行われるストライキは、やはり私には理解できない。
完全にあたり前の事になっているので、何も変わらないのようである。

どうせやるなら要望が通るまでとことんやって、ヤクルトの古田の様に苦渋の決断で挑んでほしいものだが、ポルトガルのストライキはストライキという名の休日のようだ。

昨日の日記ではないが、これでは移民が増え、ポルトガル人の仕事が無くなっていくのはしかたが無いように思う今日この頃。






| リスボンより愛をこめて | 00:14 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - | pookmark |
コメント
今回の話題は、仕事柄いろいろ考えてしまいました。
自分も、地元の商店より、安売りのスーパーを利用してしまいます。
老後資金を貯めなあかんし、同じ物なら安い方がありがたい。
魅力ある地元商店作りが必要なんでしょうね。町おこしとか村おこしとか。

ストライキは仕事を始めてすぐの時に、私もしたことがあります。
ほんとに苦渋の決断でした。
すっごくしんどかったので、私はもうしたくないです。
それくらいしないと、労働条件ってのはよくならないのでしょうが、しょっちゅうしてるストライキというのは、ちょっと違う、、、のかな。
| あじりん | 2015/02/28 7:08 AM |
こちらはひどいもんで、ストライキを理由にまったく関係のない団体まで
それを口実に言い訳するんですよ。
それが腹立たしいのですが、あまり笑えない愚痴のような事はブログに書かない方が良いのかなぁと、常々思ってはいるのですが、ついつい書いてしまいました。。。
| 福田 | 2015/02/28 10:17 AM |
そんな事も含めて、『へえー@_@』『世界は広いなあー』『自分の価値観で判断したらあかんなあー』と思うので、愚痴でも笑い話でも時事問題でもよその国のブログは楽しみです。(^_^)
福壽を飲みながらコメントしております。
| あじりん | 2015/02/28 11:51 PM |
コメント する









この記事のトラ ックバックURL
http://pipeshaft.jugem.jp/trackback/753
トラックバック