<< リスボンより愛を込めて。2/23・24 | main | リスボンより愛を込めて。3/1・2・3・4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
リスボンより愛を込めて。2/25・26・27・28
 水 晴れ。

以前、ポルトガルに留学していたじゅんぺい君が再びリスボンに訪れ、うちのお店にご飯を食べに来てくれた。
彼は熱烈なサッカーファンで、リスボンにいてた時にはよく私の為にチケット手配してくれた、いわば恩人である。

今は日本の大学院に通っているようだが、就職先はリスボンのある会社を希望していると話してくれた。

私は学生の頃まともに就職活動をしてこなかったので、気の利いたアドバイスは出来ないが
リスボンで働く日本人として、私の会社が彼が希望している会社とは比べ物にならないまでも
こちらの社会に入り込む私なりの考えを話した。

といっても、あまりに漠然としていて理解してもらえなかったかもしれないが、
学生の頃には分かりもしなかった、採用する側の心理のようなものが、最近その当事者になって少し見えてきたように感じる。


子供の頃、夜の9時からテレビの「何とか劇場」で半年に一度は放送していた
『摩天楼はバラ色に』がまさにそんな感じである。
あの時代の映画は実に爽快であった(笑

主人公のマイケルJフォックス扮する青年が田舎からニューヨークに出て、大きな会社の郵便係のような仕事から、社長に上り詰めるサクセス・ストーリーなのだが

もちろん映画は出来すぎていて、あそこまでのサクセスはなかなかあり得ないが、どんな大きな名門会社でも入社するくらいならいくらでも方法があるように感じる。

その後、どういった立ち振る舞いをするかはまた別の話ではあるが、
是非ともじゅんぺい君にはリスボンドリームを掴んでほしい。



2/26
木 晴れ。

庭で四葉のクローバーをみつけた。


時々見かけるが、今日のは大きかった。
何か良い事あるかしら。。。



2/27
金 くもり。

昨日、四葉のクローバをみつけた辺りをボケーっと眺めていたら、五つ葉のクローバーを発見した。


なんか、これは本当に良い事があるかもしれない。



2/28
土 晴れ、くもり。

土曜日はいつも店を閉めるのが少し遅くなるが、

帰りがけに一人の従業員から話があると云われる。

この時点で何を言われるかは9割方想像がつくのがだ
お互い椅子に座り、あらためて『どうしたん?』っと聞く

案の定、店を辞めたいと告げられるが、これも少し前からそんな気はしていたので
あぁ、やっぱり。。。という思いであった。

私の店は、たかだか10人程度の従業員数なのに、ここ最近ずーっと店の人事について考え続けている。
いや、ここ最近というより、オープンしてからずっとかもしれない。

よく、商売をやっている人と話をすると、「人が一番難しい」と、皆が同じ台詞を口にするが
まさにその通りだ。

世界の何処かにうちのような店で働きたいと思っている良い人材は、絶対に何人かはいるはずで
その点と、この店の点を結ぶ方法を最近ずっと考えるが、なかなか答えは出てきません。

誰か教えてください。。。



























| リスボンより愛をこめて | 01:12 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - | pookmark |
コメント
自分が2.3人いたら良いのにってよく思います。
ジミーズで日曜集まって、テレビで摩天楼はバラ色に観て、情熱大陸観て、大富豪したい!は〜。
| カン | 2015/03/03 5:32 PM |
『もう一人自分がいたらぁ〜』とか『一日が30時間やったらぁ〜』とか言ってる奴にろくなもんはおらんと、昔聞いた事があります

でも、カンちゃんの場合は2.3人やから大丈夫やと思う。。。絶対。。。

以前「星の王子様ニューヨークへ行く」のビデオもって一平さんと東京の福島邸に行く夢見た事があります。

| 福田 | 2015/03/03 7:45 PM |
多分大丈夫。。。絶対。。。っていうのは、福田くんなりの優しさとして受け止めておきます。ありがとうm(__)m

星の王子様ニューヨークへ行くとか、ポリスアカデミーとか、そのあたりみんなで観たいな〜。

良い人来ますように!

| カン | 2015/03/03 9:07 PM |
私も祈ってます!!(-人-)
| あじりん | 2015/03/03 10:47 PM |
コメント する









この記事のトラ ックバックURL
http://pipeshaft.jugem.jp/trackback/754
トラックバック